洗面所やバス・トイレが独立しているマンスリーマンションは東京で

不動産で働く男性

マンスリーマンションの滞在について

マンスリーマンションを利用したいと思った時、滞在に関する疑問を持たれる方は多いのではないでしょうか。
具体的にはどのくらいの期間滞在できるのか、滞在中にかかるお金はどのくらいなのかというような事です。今回はそれらの事に焦点をあてて説明をしていきますので、参考にしてみてください。
マンスリーマンションの滞在期間は、一週間から1年未満の間が一般的です。さらに滞在期間はスーパーショート、ショート、ミドル、ロングなどに分類されており、ロングに近ければ近いほど1日あたりの部屋代金は安くなります。
それに光熱費と清掃代がかかったお金が、滞在費の合計となります。都内で安いところであれば、ロング(7か月以上1年未満)の滞在で月6万円プラス光熱費2万円、入居時に一度だけ支払う清掃代3万円程度の費用でマンスリーマンションは利用できます。
また料金は多くが先払いになっており、予定よりも滞在期間が短くなってしまった場合にも、使わなかった日数分の料金は返ってこない事が多いです。ですからその点は注意をしてください。
ここで説明をしてきたマンスリーマンションの滞在に関する知識が、多くの人の今後のお役に立ってくれればとても嬉しく思います。

Contents